lanikaula

記事一覧(137)

バイリンガル、の定義

バイリンガルMCとして活動してきて20年+数年が過ぎた現在も自らが現場でバイリンガル能力を使って仕事をしている中で思うこと、バイリンガルMCレッスンを提供する中で、想うことを少し綴ってみます。駆け出しのころ、自分を「バイリンガルMC」と勝手に「自称」(笑)し始めた当時、私は基本的に、日常生活においては、ほぼバイリンガルでした。日本語でも英語でも。当然、母国語はどちら?と聞かれれば、日本語になるわけですが、バイカルチュアル、という意味においては、どちらかというと、性格的な部分も加味されて、西洋寄りなキャラでした、そして、現在に至るまでそのキャラは、未だ健全でございます。ww20年前は、バイリンガルMC、と自称したところで、誰も(クライアントも、イベント会社も、自分ですらも、、)、バイリンガルMCって「何を?どんなサービスを基本定義にしているの?」という部分については、とても曖昧でした。現場での経験を積むにしたがって、モノリンガルの現場では不要なサポートやホスピタリティ、配慮が、バイリンガル現場では必要であることも実感してきました。なので、途中から、バイリンガルMCという肩書も捨てて、「バイリンガル・コミュニケーター」に変更しました。つまり、そうでないと「バイリンガル」である意味がないじゃん、と思ったからです。10年くらい前には、ポツポツ、とバイリンガルMC、と名乗る司会者が増えてきました。ちょうど、私がレッスンを始めたのも、同じ時期で要望があったことがきっかけでした。さらにこの数年は、急激にその数は増え、認知もされてきました。しかし、「バイリンガルMCを雇う、依頼する側」と「バイリンガルMCとして現場に従事する側」には、少なからずギャップが存在する場合もあります。バイリンガル(二か国語を流ちょうに操る能力を持っている人)なわけだから、通訳も当然できますよね?という依頼主。ところが、「日英で原稿ありきで進行をするのがバイリンガルMCですので、通訳はできません」と言うバイリンガルMCも実は多いです。否定はしません。むしろ、その考えは大道、と呼べるでしょう。このギャップを埋め合わせをしながら、自らブラッシュアップ、スキルアップをするコミットをしながら、バイリンガルMCとして現場を全うするのか、通訳者と司会者は、そもそも、その能力は全く違う、という解釈の元、日常会話レベルであればいいけど、、、、それ以上、公的な通訳は無理、とするのか、その人それぞれの価値観や仕事に対するスタンス、バイリンガルの定義をどのようにとらえているかによって、大きく異なります。どちらが正しい、という完全な答えはないように思いますし、どちらも有り、だと考えます。その上で、私自身は、というと、吸収できうるものは全て「自らの糧」として吸収して、それを「生かしていく」ために、何が必要かを常に考えています。TPOも当然、考慮します。つまり、MCは現場では一匹狼で、単独で、孤独で、中立の立場でいる必要性があり、しかしながら、MCの出来栄えによって、そのイベントの成功度合いは大きく変わる、という非常にシビアなポジションに位置しているからにほかなりません。バイリンガルの定義=「xxxxである」と固めてしまうことによって、融通が利かなくなる危険性もそこにある、という言い方もできます。なので、私は、現場ごとに、その現場で何を要求されているのか、何が必要とされているのかを、瞬時に(または、担当者や主催者と話しをすることで)、つかみ取り、必要とされれば、出来うる対応を全て、惜しみなく提供します。それによって、ギャラが高くなる、という要求もしていません。そして、MCとして生きている限り(女性は特に)、遅かれ早かれ、現場に立てなくなる時期が必ず到来します。MCは、やはりビジュアルが重視される業界でもあるからです。私自身は、現在、その狭間にいる、といった年齢です。笑。数年前からその予兆を自ら感じてきた私は、MCスタイルもそのころから少しづつ変化してきたように思います。そして、現在は、専門的な内容であっても、「通訳者」として仕事をアサインされた時には、「到底無理だろっ!」と思われるような業界であっても、貪欲に引き受けています。「完全に無理!」と思った時には、丁重にお断りしています。笑。「到底無理かも!?」という感覚であれば、引き受けているのです。ある意味、非常に危険なチャレンジです。依頼主にとっても、危険です。しかし、通常、依頼主は、私のバイオ(プロフィール)を事前に見ています。その上で、依頼をしています。その時点で、依頼をした責任を引き受けたも同然なのです。そして、私も事前に業界、通訳するトピックについては知らされますが、細かい内容については、その瞬間まで分からない場合も多いです。事前に資料がもらえるケースばかりではありません。それでも、やるのです。そのために、私が普段から心がけていること、それは、バイリンガルMCとして、企業のために能力提供をした際、例えば、金融コンファレンスをはじめ、様々な専門分野のコンファレンスやアントレプレナーによる新事業プレゼンテーションなど、どのような内容であっても、彼ら専門家から発せられる内容を、出来る限り、理解するように努めています。セミナーなどの場合、バイリンガルMCのお役目は、セミナータイトル、セミナー提供する方のご紹介、その他場内アナウンス、というのがほとんどで、セミナーそのものは同時通訳ブースがあり、MCとしては同時通訳はいたしません。なので、むしろ、セミナーに耳を傾け、脳内で、同時通訳がどこまでできるか、イメトレをするのです。と同時に、その専門業界について、覚えられる、理解できる保証はないけれど、できるだけ、聞き入る、理解をするように努める、ということをしています。その結果、そこでほんのちょっぴりかじった知識が、現在、「到底無理かも?!」と思われる、通訳依頼で、実は役立っているのです。それこそが、「経験値」を「糧」にした証であると、私は考えます。兄の手伝いで輸入車通関や予備検査などを手掛けていた時や車のオークションのナレーションをしていた時の名残で、自動車業界の通訳は専門家でないにもかかわらず、非常に楽ちんです。医学業界のバイリンガルMCにも多く携わり、製薬会社でのバイリンガルMCにも携わってきた中で、父が癌で余命宣告を受けた時、その事実を父に知られないよう、父と共に診察室にいる際に、ドクターと英語で話をするように心がけていたこともありました。その結果、そうした経験値が全て、通訳につながっています。薬学、医学業界の通訳も依頼があれば受けます。薬から医療機器に至るまで。それでも、失敗はあります。台本なし、進行なし、で挑んだ現場では、後日、主催者からフィーの支払いを渋られたこともあります。当然、そこには主催側に起因するMCの不出来が大きく関与しています。MCも通訳者も事前にどれだけ「適格な情報」を与えられるかが、成功の大きなカギになってくるからです。それでも、私は、その状態で自分に足りなかったものは何なのか?フィーを渋られた理由は何だったのか?解明をしてゆき、自問自答をしました。何か月か経って、主催者から当時の動画を見ていたら、一生懸命場繋ぎをしてくれていた様子も伺え、感謝します、とメッセージが来ました。少しは救われた気持ちでしたが、それでも、やはり、ストイックに自問自答は続きます。つい先日も、一つ返事で引き受けてしまった通訳の仕事では、「Sorry to tell you, but your translation was not accurate,too.」(申し訳ないけど、通訳も的確ではありませんでしたし、、)と、フィードバック中に指摘をされ、穴があったら入りたい気分でした。その現場も、事前資料は一切ありませんでした。ここ数年、表に出てきた分野の金融トピックで、担当者ですら、「この世界は非常にニッチなんだよ。誰も詳しくなんてわかっちゃいないよ」とフォローをしてくれましたが、自分としては、とても、とても、とても悔しい思いをしました。その後、すごい勢いで集中して、何を言わんとしているのか、スピーカーの意図をくみ取る、という作業、それを瞬時に言語変換するテクニックが要求され、逐次通訳ではありましたが、ほぼ同時通訳同等の経験値が要求された現場でした。ここでも、私自身、自問自答を繰り返しました。悔しい想い、失敗をどれだけその後の「糧」にして培っていけるか、その姿勢が、自らの能力向上に大きく貢献していく、自らを創造していくと、私は信じています。見つめる先は、他者ではなく、常に「自分」であるべきだと。それが、自分にとって、理不尽で不利な状況であったとしても、「仕方ない」で終わらせないド根性。これが、その先の仕事につながっていく、その先の自分のブラッシュアップにつながっていく、そう信じています。

Flexibility

本日から、国交省と米国元Navy Sealsメンバーから構成された安全対策チームメンバーとの間に入り東京オリンピック2020に向けた、鉄道網の安全対策、脆弱性調査の通訳を担当しています。そこで問われる能力は、通訳、という言語変換技術だけではなく、交渉術も問われます。つまり、相手が言わんとする意図、本心を汲み取って、それが先方にとって難題だったり、お願いをせねばならぬような場合、通訳者自らが通訳者でありながら、ネゴシエーターとなり、相互の妥協点をお互いの言語を通じて見出しながら、提案をしつつ、双方にとって最善のコミュニケーションを図っていく、ということが要求されます。通訳学校で、こうしたノウハウまで教えてくれるかどうかわかりませんが、こうした概念は、私は現場たたき上げ経験で培ってきました。そのような通訳者であることのほうが、結果として良いリゾルトに導くことができるからです。もちろん、逸脱した行動は図々しい、余計なお世話、と取られてしまう危険性もありますから、通訳者という立場でありながら、個人的な感情を介入せずに、どこまで日本語スピーカー、英語スピーカー両者の気持ちを平等に汲み取って通訳できるのか、そのバランスを見極めながら、必要なときには臆せずネゴシエーター、コーディイネーター兼通訳者、というスタンスを取る必要がある、ということが大切なように思います。

口周り、口腔内ケア

話し手たるもの、常に聞き取りやすいトーン、声、表情、滑舌、言い回しで、きちんと相手に伝わる「言葉」を扱わねばなりません。このところ、私自身、大阪と東京の往復が続いており、ゆっくり、ゆったりとした自分の時間を持つことが少し縮小されていて、どうも外食が多くなる傾向にあることも影響しているのかもしれませんが、なんか、口腔内に違和感を感じる日々を送っています。その違和感に気づいたのは、数日前の現場でのことでした。頬の筋肉を横に広げると、どうも、口腔内の肉が歯にあたる。ん??口内炎ができているのかな?と思うけど、デキモノのようなものはありません。なんか、肉そのものが盛り上っているような感じです。??なんだろう~、と不思議に思っています。若干英語の発音と日本語の滑舌に影響を及ぼしています。聞いている方にはほとんどわからないレベルですが、自分の中ではアウトップットに明らかに違和感を感じています。肉の方ではなく、歯並び、歯の噛みあわせに変化が生じているのでしょうか?原因はまだ特定できておりませんが、近々歯のチェックに歯医者さんを予約してるので、確認してこようと思っています。口外炎などができることもあり、そのような時も、やはり、口をギューっと笑顔にするために横に広げる時などは、違和感を感じます。そんな時には、即効性のあるビタミン剤(ビタミンB,C、Eなど)や、マルチビタミンサプリを大量投与します。笑。本当は、普段の食生活や睡眠などから管理をすべきですが、現場がある時には、やはりサプリに頼った方が効果が早かったりしますので、適宜、活用しています。口周りのケアは特に、話し手としては本当に大事だと、私は実感しています。ほんの少しの歯並びのズレや、骨格のズレが、その人の滑舌や発声に大きな影響を及ぼすからです。アナウンス技術がどうもいまひとつ上達しない、、とお悩みの方は、一度、顔の骨格、歯並び、舌の長さ、口腔内のチェックを衛星歯科医さんに見てもらうと良いかと思いますよ!そういう意味では、腕の良い歯科医の元に通うことも、自己管理能力のひとつになってきます。自らの仕事を理解し、どれだけ些細な噛みあわせでも発声、発音に影響が出ることを理解してくれる歯医者さんとお付き合いをすることはとても大切です。私自身、出産直後は、歯の栄養分を吸い取られ、ずいぶんと歯のコンディション、歯茎の状態、口腔内の状態が悪くなった時期があり、歯医者さんに通いましたが、納得いく施術をしてくれる歯医者さんに巡り合うまで、しばらく歯科医ジプシーをしていたほどです。司会者として美しい笑顔を届けるためにも、歯並び、美しい笑顔を作るための顔層筋トレーニングは、日常ルーティーンとして意識していきたいですよね。その人らしさがにじみ出る、笑顔や声のトーンを維持していくこと、プロとして心がけましょう♪歯のホワイトニングだけではなく、歯茎のホワイトニングもオススメですよ。(歯茎にレーザーを当てて、歯茎を再生させると、キレイなピンク色の歯茎が復元されます)。特に笑った時に歯茎が見える面積が広い人にはオススメです。同時に、歯茎をあまり見せずに上の前歯6本だけがちょうど美しく見えるような笑顔を作る練習をすることもぜひ意識してみてください。この本はなかなかオススメです。顔層筋トレーニング

力量

7月から大阪に本社を置く外資系製薬会社のMR(Medical Representative)向けの社内ビジネスワークショップのMCを担当することになり、9月まで合計13セッション続きます。やっと、3セッションが終了したところです。13セッション同じ内容で、参加するMRメンバーが異なるだけで、進行そのものはほぼ日本語で、運営とプロデューサや製薬会社のトップなどが外国籍、ということで、英語でコミュニケーション、打合せ、最終進行などが処理されるため、バイリンガル起用、となりました。当初、オファーがあったときには、そんなに難しい内容ではないな、と言う感触だったので、私を含めて5人くらいのバイリンガルMCを提案しました。その結果、エージェント判断で私が推薦され、クライアント決定に至った案件でした。正直、フーン・・・・そうなのかぁ。。。でも、多分、私じゃなくても、他のMCでも大丈夫な案件だった思うんだけどねぇ、、なんて思ってましたが、初回リハを終えたときに、これは、他のMCでは経験値不足で大変だったかも・・・汗。を実感したのでした。笑。エージェントが、果たしてそこまで予測をして、私を選んだかどうかは分かりませんが、与えられる仕事内容は、与えられた者にとって、新たなる経験値となる、少し背伸びをして頑張らねばならぬ案件が必ずやってきます。今回もそんな感じでした。本来ならば、13回同じ内容なので、リハと初回が終われば、あとは同じことの繰り返しなので、ラクチンなハズなのですが、どうも3回目の今回が終わっても、変更に相次ぐ変更、その都度違う設定、その都度要求される色んなリクエスト、、と、、毎回何か追加、修正が入ります。笑。そして、MCと言えども、外国人スタッフで固められた現場では、しっかりと運営スタッフの要として、「今回はどうだった」「何が良かった、どこが良くなかった」といった全体フィードバックを常に求められます。さらに、通常、こういうイベントで必ず存在する、MCへのQ出しディレクター、という絶対的な存在がおりませんので、常に、MCとしても、タイムキーパーを兼務しながら、オープニングアクトのスタートを、逆に、ディレクターに「行くよ!」と目合図せねばならなかったり・・・休憩時間がその時によって、5分なのか10分なのかの最終判断はディレクターなんだけど、ディレクター忙しくて他のことに夢中で、すっかり忘れていたりして、こちらから、催促して、確認しなきゃならなかったり(笑)、、と、まぁ、色々とMC業務以外の部分で、配慮、対応せねばならぬことは目白押しです。そのすべては基本的に英語コミュニケーションで行われます。進行は、あくまでも日本語オンリーですが・・・笑。むしろ私にとっては、100%日本語の司会業務は、実は「苦手」です。苦笑。15年以上前に、「日本語だけのMCは自分のキャラではない」と悟り、バイリンガルMCとしての道を開拓することにした経緯もあるので、そういう意味では、外国文化、外資企業特有の独特な雰囲気作り、とかそういうグローバル対応は全然問題ないのですが、自分にとっての、今回の力量は、「いかに洗練された日本語MCを作り上げるか」という課題を課せられている気がしてなりません・・・ww別なスタッフが現場に入ったら、きっと、与えられる課題は、私が感じる課題とは全く逆のものだったであろうと思います。つまり、日本語司会は問題ないけど、運営上の英語でのコミュニケーションや対応力、機転、文化の違いによる配慮などに慣れるための試練が待っていた、という感じだったでしょう。でもやっぱり、100%日本語だけのMCは、自分にとって、とても違和感があるので、無意識に、どうしても、英語進行も途中途中で入れてしまっている、というのが実情です。。笑。まぁ外資系製薬会社で、社長は外国籍ですので、そういう意味では、英語進行が若干でも入ることで、雰囲気作りも担っていると思うし、MRメンバーの人々も志として、「英語を勉強する!」と掲げているメンバーも沢山いるので、良い刺激になってくれれば・・・と思ったりしつつ、結局、自分スタイルでMCを回しています。経験値が少ないと、何とかして自分に安心感を与えたいがゆえに、色々と安心材料を探し出すことに必死になったりすることも多いと思いますが、今回のように、13回同じ内容だから、最初さえがんばれば・・・という思い込みで、現場に臨んだとしても、結局フタを開けてみたら、毎回、新しい変更がある、なんてことは想定範囲内です。なので、結局のところ、「どんなリクエスト、どんなドンデン変更があったとしても、全く問題なく対応できる、という地に足がついた”メンタル力”が最終的に、結果を大きく左右する」と言うことなのだろうと思います。バイリンガルMCレッスンでも、口をすっぱくして、テクニックだけではなく、メンタルの強化に関するレッスンにも多くの時間を割いているのは、つまり、こういうことなのです。「安心感を感じられる司会者」というのは、どれだけ、司会者本人が、自信(自分を信じるメンタル)を持っているか、だと思いますし、そのゆるぎない過信でない、地に足のついた自信は、イベントそのものの成功に大きく貢献します。今回の現場で、私自身も改めて、こうしたことについて、再認識をしながら、現場にたっています。どの現場も、常に新しい発見と学びが存在しているのです。

バイリンガルMC交流会のお誘い

 今週末2月8日にバイリンガルMC交流会を開催いたします。 □□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□ 以下、幹事からのメッセージです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・幹事 みのはです。以下、詳細をお伝えするとともに、改めて告知いたします。 現在、参加者に加えてエージェント2名が参加予定です。告知が急だったこともあり、アットホームな交流会になりそうです。 もし、スケジュールOKだけど迷っている・・・申込締切までに予定が分からなかった・・・という方、まだ募集しますので参加できる方はご連絡ください~。お茶を飲みながら、今後のつながり作りをしましょう☆ 参加希望者は、①    お名前(読み)、②電話番号を明記の上info(AT)lokahicreations.com までご連絡ください。 -----------------------------第5回Bilingual MC 交流会 詳細★日時2月8日(土) 午前11時30分 ~ 午後2時30分  ※10分前から入室可 ★場所マイスペース カフェ・ミヤマ渋谷公園通り店 3号室  渋谷区宇田川町19-5東京山手教会地下1階  03-3770-2081渋谷駅から約3分 ★参加費1人2000円※お釣りのないようご用意ください。※別途1人1ドリンク要注文、持込み基本NG(簡単なお菓子差し入れOK、大歓迎) ★幹事:みのはかおり  ★内容●自己紹介●エージェント・プロダクション PRコーナー(名刺交換、Bilingual MC案件について理解を深める) ●Q&A コーナー(ディスカッション形式、現場で感じた気づき・疑問など何でもOK)●自由歓談-----------------------------以上です★エージェント2社とは参加者が名刺交換を行い、今後のお仕事に繋がるようなきっかけ作りの場として活用頂けます。★また、エージェントの立場から見るバイリンガルMCの現状などについても発言頂き、より深い理解を得ることが出来ると思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・※当日参加でもOKですが、会場の都合上、参加人数をある程度把握する必要がありますので、「行けるか行けないか分からないが、行けたら行きたい」という方も、上記まで、事前にご一報入れて頂ければ、折り返し当日の連絡先と共にお返事させていただきます。年に1回の交流会ですので、この機会にぜひ皆さん足をお運びください♪皆さんにお会いできることを楽しみにしています。□□□□□□□■■□□□□□□□■■□□□

10/17から全20回、オンラインコースが始まります。

今年は、バイリンガルMCのお仕事依頼が増えてきており、皆さんにも現場に出るチャンスがあり、なかなか良い兆しを感じられる1年でした。10月11月、とまだ現場は続きます。来年はもっと、依頼が増えるように、そして、皆さんが現場に出ていく機会も必然的に増えるよう、私たち自身も常日頃からブラッシュアップをしていきたいものです。1つ1つの現場を丁寧に、そして、結果を残していけば、それは次の現場へと必ず繋がります。 なかなか、対面レッスンを定期的に開催することが難しかったりするため、10月17日からオンラインレッスンを初めての試みですが、開催することにいたしました。 http://www.ryokosumitomo.com/announce2.html  レッスン詳細(PDFファイル)http://www.ryokosumitomo.com/file/online2012.pdf  全20回で、音読、要約、発音、フリートーク、メンタリティ、とカテゴリー別に消化していきます。各回、完結スタイルで進めていきたいと思っていますので、単発参加も可能です。興味ある方はぜひどうぞ。 ちなみに、10月10日は、オンラインレッスンのためのシステム調整、テスト接続を行う予定です。お申込頂いた方には、個別にテスト接続のご案内をお送りさせていただきますので、お待ちください。皆さんの参加、レッスンでお会いできることを楽しみにしています。